パソコンシステムの用途

このサイトでは、システム的な側面を踏まえながら、パソコンの用途について、お話しています。

Pagelist
このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンシステムの用途

パソコンシステムの用途

すでに浸透しきっていると言えるのが、デジタル機器になるでしょう。
代表的なものではパソコンであり、90年代半ばに画期的なOSが発売されて以降、順当に普及が進んだと言えます。
もっとも、ITバブルなどがあり、市場が変化したことは、記憶に新しいかもしれません。
そうは言っても、IT自体が衰えることはなく、今では当然のツールと化しています。
そんなデジタル機器は、実際、1980年代の家電品が源でもあるようです。
この場合の源とは、一般に知られるという意味の源であり、ファジー製品が原型でもあるでしょう。
もちろん、一部の人の間では、すでにパソコンが購入され、当時であれば、パソコン通信を行うことで、情報交換が行われていました。
しかし、それはあくまで一部の人であり、パソコン自体が高価であったため、一般ではまだまだ知られてはいませんでした。
それが先述しているように、画期的なOSの発売により、日本ばかりでなく、世界中でパソコンブームとなり、各家庭に一台という時代が訪れました。
今では、一人一台の時代であり、同じデジタル機器の代表格である携帯電話やスマートフォンを入れれば、一人二台以上のデジタル機器所有とも言えるでしょう。
これに家電品を入れれば、複数台の所有は当たり前と言えます。
しかし、そういうデジタル機器のシステム的なことについては、まだまだ知られていない面があるかもしれません。
より詳細なことは、専門家の手に委ねられるでしょうが、ユーザーレベルで利用でき、なおかつ、少し機器の性質などの知識になります。
要するに、多様性のあるデジタル機器の用途については、まだまだ知られていない面があるのでは、ということです。
このサイトでは、そんなシステム的な面からパソコンの用途について、お話していきたいと思っています。
拙い説明になりますが、皆さんのお役に立つようであれば、作成者として、誠にうれしい限りです。
また、末永くご参考いただければ、幸いに思います。

Copyright (C)2014パソコンシステムの用途.All rights reserved.